金曜日, 27 of 11月 of 2020

「もし 京都が東京だったら」マップ

「もし京都が東京だったらマップ」の一部

 京都の「北山」は東京で言う「代官山」、二条城のあたりは「清澄白河」。JR京都駅は品川駅。

そんな「もし 京都が東京だったら」の空想が1枚の地図になり、SNSで話題になっています。

制作者は、京都で宅地建物取引士として不動産の企画事業を営む女性。

仕事や 趣味の中で続けてきた「街歩き」で培った「街を見る力」に迫りました。

 京都を拠点に、シェアハウスや住人自らが改修できるDIY物件の仲介・企画をしている岸本千佳さん(30)。

自身のブログで「もし京都が東京だったらマップ」を公開したところ、フェイスブックやツイッターに広く拡散し、ブログには16万以上のアクセスがありました。

 四条烏丸~河原町は若者の多さから「新宿・渋谷」。

北山はマダムが住む高級住宅街をイメージして「代官山」としました。

京大がある吉田は東大のある「本郷」に、コーヒーショップが増えてきた二条城周辺は「清澄白河」です。

 

JR京都駅=品川駅

 岸本さんが「一番しっくりきた」のは、JR京都駅を品川駅に見立てたことです。

「基本、新幹線に乗る時くらいしか行かないところ。飲みに行くということもまずないですよね」

「もし京都が東京だったらマップ」の一部

 京都と東京に縁があった人なら、「なるほど」とうなずける部分は他にもたくさんあるはず。

見るたびに思 わぬ共通点に気づかされ、奥が深いです。

「首都圏に住む人や法人からの移住・移転相談が一番多い」と言う岸本さん。

このマップは首都圏の人がパッとイメー ジできるように作りました。

「地価やその他の指標を参考にしたわけでもなく、私の肌感覚を形にしました。もちろんこれが正解というわけではないです。本音を言えば、こういったマップをきっかけに実際に京都の街を歩いて本当に自分が生活してみたい場所を見つけてほしいんです」
ツイッターやフェイスブックでは多くの人がこのマップを話題にしています。

これは東京人には分かりやすいね

六本木は無いのかな? (^_^;)


Leave a comment