日曜日, 25 of 10月 of 2020

忠犬ハチ公の写真 見つかる

20151022-OYT1I50021-L1934年頃の写真

 東京・渋谷駅前で亡き飼い主を9年間も待ち続けた「忠犬ハチ公」が、駅前で腹ばいになっている写真が見つかった。

 これまで知られている記念撮影やアップの写真とは異なり、当時の駅の風景に溶けこんだ自然な姿をとらえたカットで、貴重な1枚と言えそうだ。

 ハチ公の代表的な写真は3~5種類で、単独で写っている写真は周囲の様子がはっきりせず、人と一緒に納まったカットは記念撮影がほとんどだ。

 撮影したのは、元銀行員で、東京都渋谷区猿楽町に住んでいた山 本勇さん(故人)。

 ハチ公の銅像が建てられ、社会の注目を集めた1934年頃の写真とみられる。

 今春、都内の実家を整理していた遺族が見つけ、渋谷駅前に ある現在のハチ公像の制作者で、渋谷区代々木の彫刻家安藤たけしさん(92)に寄贈した。

子猫 dropbox 9年間も主人の帰りを待ち続けたハチ公

3歩歩けば恩を忘れるおにゃんこ (^_^;)


Leave a comment