木曜日, 22 of 10月 of 2020

ホワイトライオンの赤ちゃん

 姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)で10日、ホワイトライオンの雌の赤ちゃんの一般公開が始まった。

 名前はまだなく、来場者の投票による公募もスタートした。

 8月27日、父親のニッキ(9歳)と母親のヤヤ(10歳)の間に誕生。

 生まれた当初は体重800グラムしかなく体も弱かったため公開が控えられていたが、今は3600グラムにまで成長した。

 毎日2回、写真撮影会(有料)も企画。

 飼育員の板倉諒太さん(22)は「生まれたときは小柄で病気もあり、心配だったが、無事公開できるようになった。他のライオンに負けないよう立派に育ってほしい」と話していた。

オトナになると、↓こんなふうになる (^_^;)

3596020998_7a98294c1a


Leave a comment