全国高校野球選手権埼玉大会で代打出場した1人の3年生球児の動画が、全米で話題に上っている。動画サイト「ユーチューブ」でも拡散され、視聴数は240万件を超えた。
このパフォーマンス メジャーリーグでも流行するかもね
でも頭の固い高野連が 何か文句を言いそうだな~ (^_^;)

動画は23日の埼玉大会5回戦の1場面で、観客が撮影したとみられる。代打で登場した選手は、バットをグラウンドに垂直に立てた状態から体をひ ねった後、バットをつかみ、体の周辺で十数回振り回してみせた。
その後も二十数回グルグルと回し、最後はジャグリングのようにバットを投げてキャッチした り、決めポーズなど多彩な動きを見せた。選手の表情は真剣で、リードされた展開を追う場面で、試合の流れを変えるために自分を奮い立たせているように見え る。
全米で話題となったきっかけの1つは大リーグ、レンジャーズのダルビッシュのツイッターのようだ。23日午後11時ごろ、ネット上で話題になって いた動画をツイッターにアップ。
「どこの高校の誰か気になる(笑い)」とツイートし拡散。大リーガーも反応し、タイガースのサイ・ヤング賞右腕ジャスティ ン・バーランダーはツイッターで「今まで見た中で最高に面白いものの1つだ!」(チームメートの)キンズラーが『今日の試合で同じ動きをマネしてみる』と 言ってた」とつぶやいた。
米の主要スポーツメディアや大リーグ公式サイトもこの動画を紹介した。FOXスポーツ電子版は「必見映像」として動画をアップし「時間短縮に取り 組む大リーグの努力に逆行する行為かもしれないが、紛れもなく面白い!」と伝えた。
吹奏楽部がスタンドから奏でるクイーンの曲(WE WILL ROCK  YOU)も米国人の心をくすぐったようだ。