l_mm_applemusic01

米IT大手アップルは8日、音楽の定額配信サービス「アップル・ミュージック」を6月30日に世界100カ国以上で始めると発表した。
3000万曲以上を聞き放題にする。
サービス対象国を明らかにしていないが、音楽の巨大マーケットである日本でも開始を目指している。
当面はアップルの端末を通じて新サービスを提供するが、今秋にはライバルの米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使った端末でも提供を始める。
これまでは広告付きの無料音楽配信サービス「アイチューンズ・ラジオ」を米国で提供していた。
新サービスは月額9・99ドル(約1250円)と有料で、世界に展開して新たな収益源に育てたい考えだ。
利用者は申し込み後3カ月間、無料で試用できる。
家族の最大6人が登録できる月額14・99ドルの料金プランも設けた。
アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は8日、サンフランシスコで開幕した開発者向け年次会議で「アップル・ミュージックは人々の音楽の楽しみ方を永遠に変えてしまうだろう」と成功に自信を示した。
アップルはまた、スマートフォンやタブレット端末に使う新OS「iOS9」も発表した。
音声の認識機能を向上させた。
今秋、利用者に無償提供する。
images
 
電車内の風景を 徹底的に変えたアップル社
 今度は音楽マーケットを 根本から変えるかも!
生演奏重視派(S野さんとか)には 関係ないかな~?  (^_^;)