金曜日, 27 of 11月 of 2020

北海道は猛吹雪

large北海道上空に ブラックホールがある感じ ((((;゚д゚))))

 

o0320024012305912492見通しが全くきかない

 
急速に発達する低気圧の影響で、17日は全国的に非常に強い風が吹き、日本海側を中心に大雪となって北海道では見通しが全くきかない猛吹雪となるおそれがあります。
気象庁は、暴風や高波、猛吹雪による交通障害などに警戒するとともに、積雪の多い地域では雪崩などにも十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、日本海と日本の南岸にある2つの低気圧の影響で、全国的に風が強まり、北日本から西日本の広い範囲で雨や雪が降っています。
16日は、北日本や北陸などでは日中の最高気温が15日より3度から5度ほど高くなると予想され、ところによって雨が強まり、積雪の多いところでは雪崩のおそれがあります。
低気圧はこのあと急速に発達しながら北海道付近へ進むため、18日にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置が続き、沿岸部を中心に非常に強い風が吹く見込みです。

 
北海道では17日にかけて最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルに達すると予想されています。
ま た、17日にかけての各地の最大風速は、▽東北と北陸で28メートル、▽関東や伊豆諸島、それに東海で25メートル、▽西日本と奄美地方で20メートルか ら23メートルで、最大瞬間風速は30メートルから40メートルと予想され、北日本から西日本の沿岸では波の高さが6メートルを超える大しけとなる見込み です。
16日夜以降、上空に強い寒気が南下するため北日本から西日本にかけての広い範囲で雪が降り、17日は日本海側を中心に平地でも大雪となるおそれがあります。
 
特に17日以降、北海道では雪を伴って猛烈な風が吹き、見通しが全くきかない猛吹雪となるおそれがあります。
17 日の昼までに降る雪の量は、いずれも多いところで、北海道と北陸で80センチ、東北と東海で50センチ、関東甲信で40センチ、西日本の日本海側で30セ ンチから40センチ、西日本の太平洋側で10センチから30センチなどと予想され、太平洋側でも山沿いを中心にところによって雪が積もる見込みです。
その後、18日にかけて日本海側を中心に雪は降り続く見込みです。
気象庁は、暴風や高波、猛吹雪による交通障害や車の立往生などに警戒するとともに、積雪の多い地域では雪崩や除雪作業中の事故にも十分注意するよう呼びかけています。
 
よりによって こんな日に北海道へ行く ノエルさん
遭難しないでね  ((((;゚д゚))))
 


Leave a comment