水曜日, 25 of 11月 of 2020

サビーナ選手(2)

WS000000
17歳の女子バレーボール選手が問題になっている。
ただし、彼女が下手だからではなく、美しすぎるからだ。

WS0000002014年7月16日~24日に台北で開催された第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会にカザフスタンチームのメンバーとして参加したアルシンベコバ・サビーナ選手は、美しすぎて競技の邪魔になるほどだとされている。
チームのコーチでさえも、1人の選手だけがファンの注目を集めていると文句を言っている。
「デイリー・メール」によれば、カザフスタンの19歳以下の選手で構成されたチームの監督を務めるナルラン・サドルコフ氏は、「Tengri News」の取材に対し、「カザフスタンにとっては良いことだろうが、こうした状態で仕事をするのは不可能だ」と発言したという。
「観衆たちはこの選手権で、たった1人しか選手がいないように振る舞っている」
サドルコフ監督は別の記事でも、サビーナ選手に「邪魔をされている」と述べている。
サドルコフ監督が特に問題にしたのは、この大会に出場した若いサビーナ選手が、ネットでセンセーションを巻き起こしたことだ。
アジア中のファン、そして最後には世界中のファンがインターネットでサビーナ選手の姿を追いかけた。
YouTubeには、彼女がウォーミングアップをしたり、チームメートとハイタッチをしたりするシーンや、何もしないで立っているだけのシーンを捉えた動画が投稿され、数万人か、ときには数十万人の視聴者を獲得している。
サビーナ選手の母親であるヌリパ・アムリエフナさんが語ったところによると、サビーナ選手は、才能ある子供たち向けの全寮制学校で教育を受けた後、最近になってカザフスタンの大学に入学したという(専攻は人文科学と法律)。
「私は法学部に進んでほしかったのですが、娘はスポーツを選びました」と、サビーナ選手の母親は語っている。
また、サビーナ選手にはモデルにならないかという勧誘が来たこともあるそうだ。
「でも、彼女はその世界には行かないでしょう。(中略)親としても反対しています」と母親は語ったそうだ。
 
美しさは罪 (^_^;)

サビーナ選手(1)はここをクリック

 


Leave a comment