月曜日, 26 of 10月 of 2020

ガウディ×井上雄彦展

Sagrada_Familia_02サグラダ・ファミリア聖堂

 
002l7月12日から9月7日まで、東京都・六本木の森アーツセンターギャラリーにて、「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」を開催する。
東映、テレビ朝日、BS朝日、朝日新聞社、森アーツセンターの共同主催。
←井上雄彦「トネット」2013年 (C)I.T.Planning
 

日本とスペインのアーティストによる

時空を超えたコラボレーション

同展は、「2013‐2014日本スペイン交流400周年」を記念する特別文化事業となる。
アントニ・ガウディ(1852年-1926年)は、19世紀~20世紀にかけて、地中海沿いの街バルセロナを中心に活動した建築家。
1882年の着 工以来、今もなお造り続けられているサグラダ・ファミリアをはじめ、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョなど、ユネスコ世界遺産にも登録される数々の 独創的な作品を遺している。
井上雄彦(1967年-)は、日本にバスケット・ブームの火をつけ、国内発行部数が1億部を超える漫画作品「SLAM DUNK」の作者。
ほか「バガボンド」「リアル」などの作品を描くことにとどまらず、京都府・東本願寺に描いた親鸞の屏風絵など、漫画家の枠に収まらない 活動を行っている。
同展では、カタルーニャ工科大学の監修のもと、ガウディ自筆のスケッチや図面、大型の建築模型や、家具などの資料約100件を展示。
井上は、ガウ ディの人間像とその物語を描き、大型作品を含む約40点を同展のために描き下ろす。
また、3面スクリーンによるシアター映像、プロジェクション・マッピン グを展開する。
 

アントニ・ガウディ「モンセラー(ムンサラー)修道院付属聖堂、頭部側立面図」1876年作原画の複製 (C)Abadia de Montserrat カザス・イ・バルデス工房(アントニ・ガウディのデザインによる)「カルベー氏執務室肘掛椅子」1899年 (C)Gasull Fotografia リュイス・ブネット・ガリー「カサ・バトリョ(カザ・バッリョー)横断面図」1958年 (C)Càtedra Gaudí

 
チケット料金(すべて税込)は、一般・大学生が当日1,800円、前売/団体1,600円。
中学・高校生は当日1,300円、前売/団体1,100円。
4歳から小学生は前売800円、当日600円。
団体料金は15名以上に適用。3歳以下は無料となる。
 

数量限定で越前和紙のブックカバーとの特別セット券も

同展の観覧券と、井上作のキャラクターがデザインされ、越前和紙で作られたオリジナルブックカバーの会場引換券がついた特別セット券が、7月11日まで数量限定で発売される。
料金は2,500円(税込)となる。
←特別セット券の「ガウディ×井上雄彦 オリジナル越前和紙ブックカバー」(C)gaudinoue 2014-15
会場の所在地は、東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー 52階 森アーツセンターギャラリー。
開館時間は10時~20時。
最終入場は19時半となる。
詳細は、同展の特設WEBサイトで確認することができる。


Leave a comment