木曜日, 22 of 10月 of 2020

新宿で化け猫展

001lイデーは7月23日まで、無印良品MUJI 新宿「Cafe & Meal MUJI(カフェ&ミール ムジ) 新宿」にて、石黒亜矢子展「化け猫と幻獣」を開催している。
 
アーティスト石黒亜矢子氏の作品を紹介
同展は、同社の「Life in Art(ライフインアート)」 第20弾の取り組みとして、京極夏彦氏の書籍装丁画などでも知られるアーティスト、石黒亜矢子氏の作品を紹介する展覧会。
作品展示を行うほか、「IDEE Life in Art」サイトにて作品の販売も行う。
“化け猫”とは、怪異をなす妖怪猫のこと。
“幻獣”とは、空想上の怪物のことを指す。
同展では、日本古来の妖怪と欧米の怪物、似て非なる空想の生き物たちが、梅雨の街に訪れる。
化けているというのに、なぜかいとしい、なまあたたかい気配を感じる独特の世界観。
「日常の品々への愛着と浮遊する思惑が、変形し写し出した、滑稽な彼らの姿」(石黒氏談)に、思わずくすりと、ひと笑いせずにはいられない体験を提供するという。
会場は、無印良品MUJI 新宿/Cafe & Meal MUJI 新宿(東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリーB1F)。
営業時間は、11時~21時(ラストオーダー 20時)。
なお、会場はカフェスペースのため、ドリンク(又はフード)オーダーが必要となる。
002l
 


Leave a comment