木曜日, 22 of 10月 of 2020

日本のマチュピチュ

655789658627569642891

兵庫県の竹田城跡を見学する人が増えている。
近くを流れる川から朝もやが立ち込めるなか、山の上に堂々とそびえ立つ城壁。
雲海に浮かぶ戦艦のようだ。
この城跡は、ペルーにあるインカ帝国の都市の遺跡を思わせることから、「日本のマチュピチュ」と呼ばれている。
海抜354メートルの山の上にそびえる竹田城は、15、16世紀に建てられ、1600年ごろに廃城になった。
おそらく最も驚くべきなのは、本丸石垣が数百年前に建てられた当初からほぼ損なわれていない状態で残っていることだ。
 
歴史を学ぶと 旅が100倍
面白くなります  (^_^;)~♪
 

 


Leave a comment