水曜日, 5 of 8月 of 2020

News

韓国船が名古屋港で座礁

index_4-12

 

senchou

 やっぱり 韓国船ですから

  船長が真っ先に逃げた

 のかな?  (^_^;)

 

8/4の午後2時ごろ、名古屋港で韓国籍の貨物船が座礁しているのが見つかりました。

名古屋海上保安部によりますと、8/4午後2時5分ごろ、名古屋港内の飛島村金岡(かねおか)の沖合、約250メートル地点で貨物船が座礁しているのを海上保安部の巡視艇が見つけました。

座礁した貨物船は、約2000トンの韓国籍で傾きは見られず安定していて、けが人は確認されていません。

現在タグボートが出動、満潮時刻の午後7時過ぎに向けて、韓国の貨物船を浅瀬から引き下ろす予定です。

 

8561865

こんな港の真ん中で、座礁など、するもんなんでしょうか?  (・_・?)

 


猫っぽいカワウソ

3歳のコツメカワウソ「さくら」ちゃんと生後3カ月の子猫「もち」くんが、羽のついた猫じゃらしで飼い主さんと遊んでいます。
特にもちくんは前足を伸ばし積極的。
羽の部分を狙いに行きます。
猫じゃらしがさくらちゃんの方へ近づくと、勢い余ってさくらちゃんの顔へ前足を伸ばしてしまうもちくん。
飼い主さんに「もち、違う!」と指摘されてしまいました。

 

つづきはここをクリック »


ゴーン豪邸 壊れる

1000x-1

war_terrorist▲国際逃亡犯罪者カルロス・ゴーンの豪邸

 

一応は事故と報道されてますが

 レバノンは反政府勢力が活発に活動しており

テロの可能性もあります  ((((;゚д゚))))

 

レバノンの首都ベイルートの港で8/4に起きた大爆発で、国際逃亡犯罪者カルロス・ゴーンの豪邸も被害に遭った。

carlos_ghosn_1_line_Tw_aflo

ゴーン妻のキャロル・ナハス(偽証容疑で逮捕状、→)が同紙に明らかにした。

ゴーン妻ナハスは、

「私たちは無事だが、家が壊れた

 ベイルート中が壊れてしまった」

と語った。

ブラジルのグロボ紙も、別の親族の話として、豪邸のドアと窓が破損したと報じた。

ゴーン夫婦が生活する豪邸は、港から約5キロの場所にあるという。

ゴーンは、レバノン、フランス、ブラジルの国籍を持っている。

 


レバノンで大爆発 死者数十人

53151865

 

 レバノンと言えばゴーンの逃亡先

  自業自得とはいえ ゴーンは

 つくづく運に見放されてる  (^_^;)

 

レバノンの首都ベイルート中心部に近い港湾地区の倉庫で8/4、大規模な爆発が発生した。

治安当局によると50人以上が死亡したほか、負傷者も2750人を超えた。

当局によると、死者はさらに増える見通し。

爆発現場ではがれきの中から生存者を救出したり、死者を捜索する作業が続いている。

レバノン内務相は現時点の情報で、爆発力が極めて高い物質が現場の倉庫に保管されており、それが爆発したとの見解を示した。

レバノンと対立関係にあるイスラエルは爆発への関与を否定した。

ソーシャルメディア上に掲載された映像には、現場付近から巨大な煙が立ち上る様子が映っている。

目撃者の情報では住宅のガラスが砕け散り、バルコニーが崩れ落ちるなどの被害が出ているという。

ディアブ首相はテレビ演説で「関与した者に代償を払わせる」とし、爆発した倉庫の保管品についても詳細を明らかにすると述べた。

米ホワイトハウスのマクナニー報道官は、トランプ政権がベイルートで発生した爆発を巡る状況を注視していると明らかにした。

 

 

 

 

 

54885527

 

8257248758

 


読書 グローバリズムが世界を滅ぼす

img_e581f3a4e4c4a54cfc055c673818b963575751

1913年12月に京都で開かれた国際シンポジウムの講演や討論を元にまとめられた本

『ドイツ帝国が世界を破滅させる』のエマニュエル・トッドも参加している

世界に広がるグローバリズムが、格差拡大を招き、経済成長を阻んでいると主張

当時はまだトランプも登場せず、もちろん中国コロナも無い

特にヨーロッパの惨状がひどく、ユーロ統合でドイツだけが一人勝ちして、南欧や東欧はドイツの経済植民地となって社会は荒廃している

グローバリズムは世界経済の強者に有利なので、弱小国には不利で、韓国社会の荒廃(高い自殺率、低い出生率)も指摘

日本はすでに経済強国なので、相対的に被害は少なく、アベノミクス(円安誘導など)は適切な経済政策であると評価している

グローバリズムとナショナリズムは、振り子のように交代しており、前回は1870~1914年で、その失敗が第一次大戦、世界大恐慌、第二次大戦につながったという

つい最近まで、「保護主義は悪」という価値観が世界経済を支配していたので、今でもグローバリズム(新自由主義経済、ネオリベラリズム)の支配力は衰えていないと主張する

グローバリズムが諸悪の根源のような主張には、やや違和感を覚える

その後、トランプが登場してアメリカのナショナリズムを推進し、中国の膨張主義が行くところまで行き、いま中国コロナで世界が大混乱しているが、グローバリズムの現状にまだ大きな変化は起きていないように見える

中国が世界経済の混乱要因という指摘は本書の中にもあり、GDPを押し上げるための無茶な公共投資は、いずれ破綻するのではないかと危惧している

(^_^;)

 


読書 日本中世の民衆像

網野 日本中世の民衆像 _01

前半で平民、後半で職人を扱っている

本書で言う平民とは、その大部分が農民で、土地に縛り付けられ、年貢を納める義務を持つ

年貢と言うと米俵をイメージするが、それ以外に広範な内容を包含していた

本書で言う職人とは、平民(農民)以外のほとんどあらゆる職業の者を意味し、手工業者だけでなく、商人、漁師、狩人、芸人、娼婦、医者、呪術師なども含む

職人の最大の特徴は、土地に縛られずに諸国を移動でき、年貢を負担しないこと

職人集団はその特権維持のために、天皇や公家、寺社など権門との関係を表す「由緒書」を所持していた

職人の中のある者は、時代が下ると被差別集団になるのだが、ここに社会の最上部(天皇)と底辺(非人など)のつながりが不思議な形で残ることになる

先に読んだ同じ著者の『無縁・公界・楽』とかなり重複している

筆者は共産党員で、学界主流から外れていたので、天皇制や既存学会をやや敵視している

(^_^;)


日本もティックトック排除へ

animal_dance

 

 中国以外の国が

  似たようなサービスを

 提供すればいいだけ

  と思いますけどねー  (^_^;)

 

安全保障上の懸念から、アメリカのトランプ政権が運営規制に動いている中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐり、運営会社と連携協定を結んでいた埼玉県が7月、情報発信などでのアプリの使用を止めていたことが4日、分かった。

同じく協定を結んでいた神戸市も、ティックトック上の公式アカウントを3日に止めた。

いずれも、住民の間で強まる対中国安保への不安や情報流出への懸念に配慮した。

ほかには、大阪府や広島県も連携協定を締結している。

現時点で使用の停止まではいたっていないが、日本政府の動きをみながら慎重に対応するとしている。

ティックトックは日本でも利用する若者が急増しており、若者に対する情報発信の強化を狙って活用を進める動きが出ていた。

埼玉県は6月、ティックトックを運営する中国企業「北京字節跳動科技(バイトダンス)」の日本法人と協定を結び、新型コロナウイルスの感染情報の発信や県政情報の広報、県庁職員の業務などに使うことを計画していた。

ただ、協定以降、多くの県民から懸念が寄せられた上、7月には米国で警戒論が強まったため、同県は

「ティックトックを使った情報発信や

 庁内での活用をストップした」

「今後は県民の不安が払拭されるまでは利用しない」

としている。

一方、神戸市も5月にバイトダンスと連携協定を結び、風景や文化についての情報を配信することを決めた。すでに動物園や水族館の映像を流している。

ただ、一連の米政権の動きなどを踏まえて、ティックトックで動画を配信する公式アカウントを停止した。

同市は

「市民の心配の声もあり、安心して利用していただけるまではアカウントを停止する」

としている。

百田尚樹さんも批判

ほかの自治体は、利用を続けるか、国の動向を見ながら慎重に対応する。

大阪府の吉村洋文知事は4日、府庁で記者団の取材に応じ、

「小中高生にメッセージを伝えるツールとして有効だ」

と評価する一方、

「最も重要なのは国益。安全保障上の課題があるなら(活用を)やめる」

と述べた。

吉村氏によると、4日付で国に対し、安全保障上の課題の有無を文書で問い合わせたといい、

「国が指針を示せば従う。問い合わせ結果を踏まえて判断する」

と述べた。

広島県は

「配信動画の撮影は、他の情報を一切保存していないスマートフォン1台

 だけで対応している。政府が使用を制限すれば従う」(担当課)

としている。

デジタル分野の調査を手がけるMMD研究所(東京都港区)によれば、昨年7月時点でのティックトックの国内利用者はスマホ保有者の7・7%にとどまっていたが、

「新型コロナの感染拡大で芸能人などが活発に活用するようになり、

 若年層を中心にサービスの利用が急拡大している」

という。

自治体のティックトック活用をめぐっては、作家の百田尚樹さんがツイッター上で

「大阪府がTikTokとの提携をやめなければ、

 大阪都構想を応援するのは考え直すことにしよう」

と書き込むなど、対中懸念を念頭に批判する動きが出ていた。

 


イソジンでうがいせよ

71vM6U21JYL._AC_SL1200_

20200801-00000248-spnannex-000-13-view

 

 都道府県の知事が

  特定企業の商品を宣伝するのは

 かなり異例ですね  (^_^;)

 

大阪府知事の吉村洋文が4日に会見を開き、うがい薬の成分「イソジン(コピドンヨード)」で新型コロナウイルス感染症の重症化を防げる効果を確認したと発表した。

イソジン(コピドンヨード)を含んだうがい薬を販売する明治ホールディングスの株価は同日午後に一時7.7%高の8990円まで上昇した。

明治のウェブサイトによると、イソジン(コピドンヨード)はヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分で、殺菌消毒剤の影響を受けにくいと言われている微生物や細菌に対しても効力を発揮するという。

明治HDの広報担当に新型コロナへの有効性についてコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

 


猫っかわいがり

c6051b2c3aa5c5a9e8793fdfe4a99a57_640px

neko_oyako

 

「猫っかわいがり」

  という言葉があるくらい

 ママ猫は子猫を

  非常にカワイがります  (^_^;)

 

埼玉県に住む後藤さんは、4匹の保護猫を飼っている。

後藤さんの妹も2匹の猫を飼う猫好き兄妹だ。

後藤さんがロンドちゃんという4匹目の猫を迎えた頃、後藤さんの妹は、ある猫の保護団体の手伝いをするようになっていた。

団体のホームページを作ったり、問い合わせの対応をしたりしていたという。

猫を保護してくださいという依頼もあれば、TNRの相談もあった。

2019年4月10日、後藤さんの家の近くのアパートの住人から団体に相談メールが届いた。

「家の外に何匹かの猫が来ているのを知っていたが、うるさく鳴いていることがあった。気になって窓を開けたら、1匹の猫が部屋の中に入ってきて産気づいた。どうしたらいいのでしょうか」

という問い合わせだった。

後藤さんの家からアパートまで50mくらい。

後藤さんは翌日、様子を見に行った。

無事出産していたが、アパートなので室内で飼うことはできず、相談者は屋外に簡易的な小屋を作って保護していた。

中には子猫が4匹いた。

「3週間くらいそのまま様子を見てもらっていたのですが、管理会社から連絡があり『どうにかできないか』と相談されたんです。私も4匹猫を飼っていたので、すぐに家の中に入れることはできず、雨風をしのげるウッドデッキにケージを置いて保護しました。検便やウイルス検査、駆虫が済んでからケージごと家の中に入れました」(後藤さん)

子猫たちの里親は、団体と手分けして探した。

41d9c75ae301b0aa848caaa5e5ba2703_640px

全員里親が決まったが、1匹は残念ながら戻ってくることになった。

「トライアル先のご家庭には2歳のお子さんがいたんですが、子猫が来てから猫アレルギーを発症したんです。結構症状がひどいと聞いたので、すぐに引き取りました。猫を返してもらいに行くと、奥さんは泣いていました。その時、お子さんは寝ていたのですが、後になって『にゃんにゃんは?』と言って猫を探していたそうです」

後藤さんの母が、

「またこの子の里親を探して、譲渡して、また何かあって返されたら嫌だな」

と言ったので、子猫は後藤さんが飼うことにした。

5匹目の猫はレントくんと名付けた。

後藤さんは、3匹目の猫ルカちゃんを迎えた時に、これ以上猫は飼わないと決めていたのが、4匹目にロンドちゃんを迎え、今回、図らずも5匹目を迎えることになった。

これで終わりかと思ったがそうはいかなかった。

レントくんの母猫の里親は、

「実家の母の体調が悪くなり、一時的に入院することになった」

と連絡してきてから連絡が取りづらくなった。

心配した後藤さんの母が、

「無責任な人だわ。嫌だから、うちで飼おう」

と言いだし、後藤さんは6匹目の猫を迎えることになった。

名前はライムちゃんにした。

「ロンドもレントもライムも、猫を飼おうと思っていたわけではなく、まったく予定外のことでした」

ライムちゃんを迎えた頃、保護団体にへその緒がついている幼齢の子猫が保護された。

ライムちゃんはまだ母乳が出ていたので、10日ほど母猫の代わりに母乳を与えた。

理由は分からないが、ライムちゃんは誰の子であろうと分け隔てしない母性のある猫だった。

be33e1c3a90f6b0daad90ac9d9cecaf9_640px

 


競泳女子の池江璃花子

107b65ae

sports_swimming_woman

 

 白血病の次はコロナ

  神の試練は

 続きますねー  (^_^;)

 

白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス、日大2年=が、所属する日大水泳部の部員1人の新型コロナウイルス感染を受け自宅で待機していることが4日、分かった。

日大はこの日、水泳部男子部員1人が発熱し、今月1日に新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

保健所の指導により濃厚接触者5人は現在隔離中。

プールや学生寮の消毒を行い、濃厚接触者の結果が判明するまで関係者の外出禁止、水泳部の活動を自粛していることを明かした。

池江璃花子は普段、男子部員とは一緒に練習しておらず、練習時間も男子選手とはずらしておこなってきた。

現在も白血病の治療途中で、定期的に通院。

感染症には人一倍、気を使わなければならず、直近では先週と今週月曜日に感染症にかかっていないかの検査を受け、問題ないことが分かっている。

関係者によれば、池江璃花子は自宅待機とはいえ元気だという。

濃厚接触者5人の検査結果を待って、今後の練習方法を模索する見通しだ。